忍者ブログ
ボクは塩いくらが好きです。 塩いくらを応援します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


週刊水産新聞(株式会社水産新聞社)8月29日号に平成14年から平成22年までの

北海道産いくらの製品別供給量の推移についてデータが記載されていましたので

ここにメモします。


  総量
(トン)
塩いくら
割合(%)
醤油いくら
割合(%)
生冷
割合(%)
平成14年 6230 52 42
平成15年 8580 32 53 15
平成16年 7600 29 58 13
平成17年 6920 23 68
平成18年 7200 24 71
平成19年 7150 17 78
平成20年 5450 18 76
平成21年 6850 85
平成22年 5200 11 85



今はもう、塩イクラはイクラ製品全体の1割しかないのですね。

寂しい限りです。
PR

 いくらの北海道認証ですが、

最初は塩いくらのみが対象でしたが、

どうも、醤油いくらも新たに対象になるらしく準備が進められているようです。

今の日本では醤油いくらの製造量が塩いくらをはるかに上回っていますし、

塩いくらを造らないメーカーも多いですからね。

当然そうなるんでしょうけど、

ただ、醤油いくらは好みが分かれていて、官能試験をどんな風にやるつもりなのか興味あります。



使用される醤油は北海道産の原料で北海道内で製造されたものという制限つきです。

これに該当する醤油はほとんどありません。


北海道認証の醤油いくらは、みんなおんなじ味なんて事になるかもしれませんし、

その醤油いくらをあなたが食べて美味しいと感じるかどうかは・・・。

とにかく醤油いくらは好みが激しい・・・。

どうでもいいことではありますが・・。



さて、あなたは「いくら」と言ったら、塩味と醤油味のどちらのことだと思いますか?

醤油いくらがまだ、それほど造られていなかったころは

  いくら=塩いくら

でした。で、醤油いくらは 「醤油いくら」 でした。

ところが、最近は

 いくら=醤油いくら

であり、塩いくらは 「何?それ」 ・・・
こういう人、とても多いです。

「いくら=塩いくら」 と思う人は、ある程度 年齢を重ねた方だけかもしれませんね・・・






日本における塩いくらの生産量は年々減る傾向です。
それに取って代わる形で味付けいくらが多く造られる様になりました。

造り方は味付けいくらのほうが簡単で、好みによってさまざまな味付けが出来る
味付けいくらの生産量が伸びているのは当然かもしれませんが、
その根底には、日本人の味覚というか、嗜好の変化があるのではないでしょうか。

ボクにとってありえない食べ物としてよく話題にあげるのですが、スナック菓子の
バーベキュー味など一連の強烈な味の物。あれには明らかにうまみ調味料が
大量に使われています。

ああいう食べ物がまかり通るのでは、塩のみで味付けされたような食べ物の味を
わかる人がどれほどいるのか、疑問に思ってしまうのです。

ちなみにボクは塩味のポテトチップスが好きですが、これにしても、うまみ調味料が
少なからず入っています。

偉そうに塩いくらのことを語っているボクですら、うまみ調味料の味で育ってきた世代なのです。
塩いくらの生産量はますます減っていくのでしょうかね・・・。

塩いくらは醤油いくらよりも歩留まりが悪いんです。

カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/24 もも]
最新トラックバック
(01/12)
プロフィール
HN:
ノゴマ
性別:
男性
自己紹介:
かっこよくて、やさしくて、ステキな人・・・
になりたい。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
ざっぴんぐ
せおぱーつ
  • seo
忍者ブログ [PR]
Designed by astrolaBlog